ラボでできない質量分析の外注先として – 私立H大学

ご利用サービス:国内最安価格のタンパク質質量分析 受託サービス

タンパク質の同定を行いたかったのですが、研究室の設備ではできず、またすぐに確実なデータがほしかったのでのでインターネットで受託サービスを検索していました。
すると以前知人から聞いていたリバネスの受託サービスを見つけたので、問い合わせてみたのか利用のきっかけです。

部分精製した植物ウイルスの粒子溶液にどのようなタンパク質が含まれるのか、MALDI-TOF MSによるPMF分析を行いました。
利用してみての感想は、費用が抑えられたし、解析結果も適切にもらえたので満足しています。

当初、サンプルをEMSで韓国に送るということで少々面倒に感じましたが、結果的に時間のロスが短縮でき、経費の節約になるという意味で良かったかもしれません。

研究室では設備が整っていないためにできない実験も、「受託サービス」でできることを知ることで、研究の幅が広がることがあるかと思います。一度相談してみると良いのではないでしょうか。

シェア