次世代シーケンスデータの受託解析・解析システム開発

本受託サービスでは、NGS解析によって得られたrawデータの受託解析、研究所内部などの閉じたネットワーク環境で利用可能なNGSデータ解析専用のシステム開発をおこないます。


データ解析

SNP アレイ、CNVアレイ、DNAメチル化アレイ、マイクロアレイのデータに対応しております。一般的なNGS解析に加えて、がん体細胞などの疾患に特化したデータ解析にも対応しております。

NGS変異検出

次世代シーケンサ(NGS; Next-Generation Sequencing)によるゲノムシーケンス結果からゲノム上の変異を検出します。

がん体細胞変異検出

次世代シーケンサによるがんゲノムシーケンス結果から、体細胞特異的な変異を検出します。通常の変異解析では検出が困難な、腫瘍内多様性や低純度腫瘍サンプルによる低アリル頻度の変異の検出を行います。

NGS RNA-seq

次世代シーケンサによるRNA-seqの結果から、発現量推定、新規の転写産物の推定、遺伝子構造の予測を行います。

NGS ChIP-seq

次世代シーケンサによるChIP-seqの結果から、ピークの検出、タンパク質結合部位、ヒストン修飾部位などの検出を行います。

NGS Methyl-seq

次世代シーケンサによるMethyl-seqの結果から、メチル化率検出、サンプル間比較を行います。

NGS miRNA-seq

次世代シーケンサによるmiRNA-seqの結果から、既知miRNA/ncRNAの発現量推定、新規のmiRNA候補予測、ターゲット遺伝子の予測を行います。

NGSデータ解析専用システム開発

実験データから検証したい条件で集計値を算出・作図する解析ツール、ソフトウェアの開発をはじめ、国際プロジェクトや大規模な研究の解析手法をベースに構築した解析パイプラインをインストールしたサーバの構築など、用途に併せたバイオインフォマティクシステム開発をおこないます。

詳細はお問い合わせください。


価格

まずはお客様のデータに関してじっくりお話を聞かせていただき、その上で解析プランをご提案させていただきます。ご相談は無料です。お問い合わせください。

シェア