睡眠脳波の測定・分析受託

高齢化や夜型生活の影響で、日本人の睡眠時間は世界で最短レベルになっています。

睡眠への注目は高まっているものの、多くの研究は主観指標や、体動などの間接的データに頼っている現状です。

本サービスでは、睡眠医療で用いられている指標に加えて、デルタ波のパワー値(熟眠度)やリズムなど、睡眠の質を客観的に多面的に評価できるデータを提供いたします。

縦6.3cm、横9.4cm、厚さ3.4cm、質量125gの小型睡眠脳波計Sleep Scope

SleepScope利用方法

測定は2つの電極を貼り付けるだけで、被験者の自宅でも実施可能

睡眠脳波測定サービスの特徴

  • クラスIIの管理医療機器である小型脳波計をレンタル
  • 利用者は睡眠脳波を測定し、機器を返送するだけ
  • スリープウェル社が保有する25,000人以上の健常者睡眠脳波との比較解析も可能

納品データ

  1. 周波数ごとの脳波成分量(1ファイル/1人1睡眠)
  2. 人ごとの睡眠パラメータ30個のリスト(1ファイル/1解析)
  3. 睡眠脳波測定サービス 個別プロファイル(1ファイル/1人1睡眠)

実績

これまで、睡眠改善に寄与する製品の検証(医薬品・食品など)や臨床研究や医療分野(糖尿病・逆流性食道炎・歯科・皮膚科ほか)で数多く利用されており、すでに論文としても報告*1されています。

*1:掲載論文

費用

ご相談の上、お見積りいたします。まずはお問い合わせください。

シェア